インドネシア世界遺産ボロブドゥール遺跡・プランバナン寺院遺跡特集

 

ボロブドゥール遺跡は、8世紀~9世紀にかけてこの地方を支配していた「シャイレーンドラ王朝」によって建造されたと言われている仏教遺跡です。

 

 

メラピ山の大噴火で火山灰に埋もれ、その後密林によってその姿を消し地元民にも忘れ去られていた建造物が1814年イギリス人のラッフルズによって偶然発見されました。

発見から28年後の1842年、オランダ人のハルトマンにより本格的な発掘調査が始まり、その後、当初の予定を大幅に経過した12年後の1854年にやっと遺跡の大部分が掘り起こされました。

 

空撮
ボロブドゥール遺跡横から撮影

公表されている遺跡の大きさは、高さ約33メートル・一辺が約120メートルのほぼ正方形の基壇1層の上に5層の方形と3層の円形の壇が積み重ねられている高度な石造りの造物です。

また、ボロブドゥール遺跡は、仏教の三界の世界観(欲界→色界→無色界)が表現されている巨大マンダラを表現したものだと言われています(説)。遺跡下壇の欲望の世界から上壇の禅定に住している世界に進み、最上段中央に釈迦の遺骨を納めたとされる巨大なストゥーパ(仏塔)が見られます。

 

ボロブドゥール遺跡入り口から撮影
階段状遺跡

 


プランバナン寺院群は、およそ5km四方にわたっていくつもの寺院遺跡がありそれらの総称として「プランバナン寺院群」と呼ばれている。

 

 

1991年にボロブドゥール遺跡とともに世界文化遺産に登録されたプランバナン寺院群は、ジョグジャカルタ市内から約10kmの場所にある。

一般的な観光で訪れるのはロロ・ジョングラン寺院。中心となるシヴァ神殿は高さ47mもの高さがあり、まさにプランバナン寺院群のランドマークである。

プランバナン史跡公園内にはいくつもの寺院があり、全てを見ると2時間以上の時間が必要となります。

 

プランバナン寺院群遠方から撮影
シヴァ神殿
プランバナン寺院
プランバナン寺院ライトアップ

 


 

 

おすすめの宿はここ!

 

 

アマンジウォ AMANJIWO

 

自然を巧みに組み入れたアマンジウォは、近くにそびえるメノラ丘陵地と地平線上に広がるケドゥ盆地の熱帯雨林に囲まれたの自然の中に佇んでいます。

 

 

サラスワティボロブドゥール sarasvati borobudur

 

ジャワの伝統的な建築様式のサラスワティボロブドゥールホテルは、ボロブドゥール遺跡から近く、人気のサンライズツアー参加者におすすめの宿です。

 


ボロブドゥール遺跡は、インドネシア中部ジャワ島の中心都市ジョグジャカルタ市内から約42kmはなれたムラピ山などの山々に囲まれたケドゥ盆地にあります。

 

 

ボロブドゥールスペシャルツアー企画のご案内
ユネスコ世界文化遺産に登録されたボロブドゥール遺跡に行こう!
私どもバリスタイルでは、ボロブドゥール遺跡のサンライズツアーや、トップラグジュアリーホテルブランドAMANJIWO宿泊プランなど様々なツアーをご用意させて頂いております。
是非!この機会にインドネシアの世界遺産をご堪能下さい。

ツアー一覧

 

 

バリスタイルならWEBでも電話でも新設丁寧。電話番号03-5830-1221見積もり無料・相談無料・来店歓迎です。オリジナル旅行もお手頃価格でご案内します。

 

 

バリスタイル

03-5830-1221

見積無料・相談無料・来客歓迎 オリジナル旅行もお手軽価格でご案内します。